ゆるやかTV blog

TV好きのゆるやか感想ブログです

悪女~働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?~ 第7話

悪女~働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?~(水曜午後10時/日テレ)

 

 

「オウミ」の現社長が倒れ、次期社長候補は峰岸(江口のりこ)が水面下で進めている三年で女性の管理職を五割にする計画に賛同している島田専務(小木茂光)と、社長の息子伝弥(野間口徹)。社内政治が動く中、マリリン(今田美桜)は伝弥が企画した未来プロジェクトに参加する。人望のない伝弥の企画に参加したのはマリリンと広報課の根津(北乃きい)だけだった。根津は企画開発課の如月(味方良介)から結婚をちらつかされ、伝弥の弱みを握るために参加していた。宇宙といったざっくりとした伝弥の発案から始まった未来プロジェクトだが、伝弥、マリリン、根津が一緒に話す中で、介護というキーワードに行きつく。

峰岸は島田専務に社長になってもらいたかったが、社内政治に長けた島田専務は社長の椅子が目の前に来ると途端に方向転換。女性管理職の話はなかったことに。峰岸は伝弥を社長にするべく田村(向井理)と裏で動くが、伝弥に追い風になってきた矢先、マリリンは伝弥が社長の座を島田に渡したいことを伝えられる。マリリンは伝弥に来た生放送の取材の中で、伝弥に次期社長は、島田専務だと言わせ、マリリンは島田専務は女性管理職を五割にする計画を必ず実行する人だとぶち上げる。

生放送だけに、引っ込みがつかない状況にしたマリリンの悪女っぷりってお話。

 

今回はちょっと漫画チックな展開だったけど、社内政治については子どもでもわかる内容で良かったと思う。ジェンダーの回とか小学校や中学校の授業で流してもいいんじゃないかと思うくらい良くできてる。セリフもいいし、脚本家さん誰だろ?腕がいいね~。誰が悪いじゃなくて、こういう目線もあるよ、こういうこともあるんだよってわからせる感じとか、上手!

 

根津と伝弥がゴールインってのもよくある予定調和な感じじゃなくて、ほっこりして良かった。元々人のいい伝弥は根津みたいなしっかりものの奥さんがいれば、仕事に満身できそう。介護にしても二人で動くって大事よね。

 

さて、根津に司令を出してた如月役の味方良介くんは、今クールはくず男役のオンパレード。「俺の可愛いはもうすぐ消費期限」では、商品開発部のエースで真田に濡れ衣を着せ皆の前で嘲笑する役、「元彼の遺言状」では先輩を刺し殺しちゃうホストの役。全然関係ないけど「元彼の遺言状」のホスト役の人たちはことごとくホスト感ない人な気がする。どういうチョイス?

 

お掃除探偵山瀬(高橋文哉)の、「僕はマリリン派です!」は「一緒です!」って言いたくなったよ!

元彼の遺言状 第7話 感想

元彼の遺言状(月曜午後9時/フジテレビ)

 

 

今回が一番面白かった。3つの小さな事件(麗子にとっては)が平行して進んでいき、企業脅迫、痴漢冤罪、遺産相続がそれぞれの形で解決していく中で、弁護士とはどうあるべきかみたいな共通するテーマ性もあって良かった。

 

麗子の元上司の津々井が痴漢冤罪で麗子に頼るしかなく、一緒に行動することで、いつもより厚みが増してたし。

 

前作月9の「ミステリ」は、漫画原作の整くんのセリフが重要だったし、テンポが早すぎなくても良かったが、「元彼の遺言状」は、麗子の話し方も早いし、作品感としてスピーディーな方が似合うと思う。

 

最初から今回の形に近ければ、と思うけど初回から数話は篠田とのバディの形を作るのに注力してたしね。

 

そんな篠田が本当は篠田じゃないことが明らかになったけど、来週はなぜ名前を偽っているのか詳細が明らかになるようで。テンポ感さえ良ければ来週も面白いと期待してるぞ。

恋なんて、本気でやってどうするの? 第4~6話 感想

恋なんて、本気でやってどうするの?(月曜10時/フジテレビ)

 

 

初回は面白い!と思ったのに回が進む度に???になってる。第4話はなんじゃそりゃな純と柊磨のキスシーン(他人いるのにキスし続けるってこわい)で終わり、5話から二人はめでたく付き合うことに。初めての経験ですっかり舞い上がっている純と、全部受け止めて優しい柊磨。5話最後では響子は要とどうにかなりたいと思ってるって純にぶっちゃけて、放送前は響子と要の恋の行方が一番楽しみだったのに、1キュンもなく残念な展開。そもそも結婚してる響子の浮気願望を叶えようとする友だちとか理解しがたい。旦那がDVとかしてるならまだしも。そもそも子どももいないんだから、別れてから恋愛すればいいじゃん。正論言ってみたけど、視聴者が共感できる要素を入れて、友だちにバレず純粋な気持ちでお互いに惹かれ合うってのをみたかったのさ。

 

唯一、楽しみなのは岡山天音っち演じる克巳の言動。4話のなんてことないところだけど自分の特別な場所にアリサを連れていって、プレゼントを渡すあたりも良かったけど、5話で部屋でアリサに押し倒された時の、「僕上手すぎて女の人が虜になっちゃうんでしません」って返し最高だった。なに、その断りかた!正直、克巳とアリサメインのドラマが見たいわ。天音くんは本田翼ちゃんと共演したドラマ「夕べはお楽しみでしたね」でも、キラキラ女子といきなり同居するオタク男子っていうさえない役を演じてたけど、優しいオタキャラを演じてて、ほっこりしていい作品だった(翼ちゃんも可愛かった)。天音くんを相手役にすると女優さんが輝く、これぞ天音マジック(相手役の女優さんや共演者を輝かせるパワー、No.1は俳優「草彅剛」だと思ってる)。

 

さてさて、6話は柊磨のパパンやママンが出てきたね。そしてサリューのピンチになぜか皆集まって助けるアベンジャーズ的展開。青春ものは好きだし、克巳が嬉しそうで良いんだけど、一体何を見せたいドラマなのか。要の過去に関しては????5年前に逮捕されてなんやかんやでフランスで料理の修行して、今やめっちゃ腕のいいシェフってどういうこと?幸運だったって言ってたけど、その一言で納得できます??謎の多いパティシエ役だった「アンティーク」は面白かったのになぁ。やっぱりドラマの統一された世界観とか、脚本って大事だねぇ。役者さんの力量だけではカバーしきれないよね。

 

ところで、ここのところアリスちゃんの化粧が濃いのが気になってるんだけど(探偵が早すぎるもそう)、なぜなの?顔立ちがはっきりしてるから、濃くなりすぎてちょっとこわいのよ。

 

来週は天音っちのシーンがたくさんありますやうに!

 

妖怪シェアハウス―帰ってきたん怪― 感想

妖怪シェアハウス―帰ってきたん怪―

(土曜午後11時/テレビ朝日

 

相変わらず面白いし、みおと妖怪たちとのやりとりも最高なんだけど、なんかおかしいと思ったら30分枠になってるじゃん!(気づくの遅い)

だから二週で1話、前後編になってるのか。前回は一時間枠でちゃんと一話完結だった。だから見やすかったんだ。これだけの内容でビジュアルにもインパクトがあるものを30分番組にして次回に続けるのってバランス悪い…。ドラマのクオリティは同じでもしっくりこないもんなんだなぁ。

 

 

悪女 第6話 感想

悪女(水曜午後10時/日テレ)

 

 

原作を読んだこともなければ、20年前の石田ひかりさん主演のドラマを見たことがないので、比較は出来ないがいい脚本だと思う。ちゃんと現代社会にアップデートされてるし。

 

今回はマリリンが入社二年目になって山瀬くんが直属の後輩になる話。小野の下には石井杏奈ちゃん演じる板倉が。

終身雇用を期待しない、横文字を駆使する新人と、体育会系の小野は真逆。小野の営業のやり方に納得行かない板倉とT.Oさんに対抗したくて焦る小野瀬は小野に内緒で客先に自分たちの案を提案するが、客を怒らせてしまう。培ってきた営業スキルでフォローする小野と会社の横の繋がりを駆使したヒラメキで逆転するマリリンが手を組み見事お客様の怒りを鎮め、売り上げも上げるってお話。

 

役者が皆上手いってのもいいし、マリリンが部署を変わる度に新しい職場の上司や仲間が増えて、それが広がってくさまもいい。部署が違えば仕事内容も違うから新鮮味もあって面白い。

 

田中麻理鈴役の今田美桜ちゃんは小柄ながらパワフルでチャーミングなマリリンを見事に演じている。大きな瞳でめちゃくちゃ可愛いのに、妙にダサい衣装とオカッパ頭のハンデをものともせず、小野と山瀬くんにもそりゃ想われるわって思わせる魅力的なキャラクターを作り出してる。

 

マリリンにアドバイスを送る峰岸さん役の江口のり子さんはいつも最高だけど、今回の変身動画の白峰岸さんは可愛かったなぁ。確かにあの動画見たらちょっと欲しくなるもん。

 

先輩は先にいた仲間、後輩は後からきた仲間っていいよね。マリリンにとっては当然のことだから響いてなかったけど。これ、新入社員くんたちはけちょんけちょんに言ってた「オウミ」だけど、仲間として頑張れる会社なら「オウミ」の未来も悪くないんじゃないかな。

 

マリリンが想うT.Oさん(向井理)、マリリンを想う小野(鈴木伸之)と山瀬くん(高橋文哉)、この3人が全くタイプが違う(俳優さんのキャラも顔立ちも全然違う)ところもすごくいいよね!

高橋文哉くんの使い方はこのドラマじゃないと思ってたけど、高橋文哉くんじゃないと小野とT.Oさんには対抗出来なかったと思い始めたぞ。ってことは高橋文哉くんの次のドラマ「君の花になる」も話さえ面白ければなんとかなる?7人組のボーイズグループの一人(メインだけど)と、知ったときは高橋文哉を使う意味?と思ったけど、期待していい?

 

小野は最初めちゃめちゃ嫌なやつだったけど、4話で考え方を変えた(マリリンのおかげ)あたりからめっちゃキュートになった。男女は違う生き物だから、本当にわかりあって上手くいくことは出来ないから割りきって上手くまわすってことも大事。高いランチを奢るより、自分が出したゴミは自分で片付ける方が好感度上がったもんね。

 

さぁ、マリリンがどこまで駆け上がるのか、JKファイブ計画が進むのか?来週も楽しみ!

 

やんごとなき一族 第5話 感想

やんごとなき一族(木曜午後10時/フジテレビ)

 

 

なんじゃこりゃ。結局有沙、お見合い相手と結婚するんかい!信長協奏曲お市さまと同じ展開じゃん。なんとか結婚を食い止めようとするけど出来なくて結婚相手に幸せにするように頼むとことかさ~。そうじゃないじゃん。信長協奏曲は歴史変えるわけにいかないから仕方ないけど、やんごとはさ~、変えに行ってるわけじゃん。全然できてないぞ。

 

今回の唯一の萌えポイントは有沙の見合い相手が森田甘路で、恋人が葉山奨之ってとこ。「江戸モアゼル」やん!

ナンバMG5 第5話 感想

ナンバMG5(水曜午後10時/フジテレビ)

 

 

ドラマの中ではもうクリスマス~。今回は剛の妹の吟子ちゃんの小さな恋物語。犬の散歩中に出会った進学校に通う一つ年上の男の子に、ひょんなことから数学を教えてもらうことに。

 

いや、この出会いって最初から男の子が吟子ちゃん狙ってて、声かけるタイミング見計らってたように見えたけど違うの?忘れ物を届けた吟子ちゃんにぐいぐい来てたし。でもめっちゃ少年で、どう見ても吟子ちゃんよりは年下に見えたからピュア男子演出なのかな。これがこの男の子じゃなかったら、吟子ちゃん騙してて後で剛にボコられるって展開かと思ったけど。

 

ファミレスで勉強してるのがバレて教えてる男を家に連れてこいってことに。ヤンキーが嫌いと言っていた彼のことを思って吟子は連れてくる代わりに家族にヤンキー風味を隠すようにお願いする。

 

家族の皆さん面白かったよ。宇梶さんは丸の内勤めには見えなかったけど、満島くんは大学生設定なの?猛いくつの設定?紗理奈ちゃんはね、海外吹き替え面白かったね!

 

結局、男の子は難破家が超ヤンキー一家って友だちから聞かされて知ってて、それでも吟子に数学教えてたんだよね。難破家とも仲良くなって良かったねぇ。

 

一方剛は市松高校の頭、陣内に喧嘩を持ちかけられる。陣内の狙いは実は猛で剛を倒し猛を誘きだそうという魂胆だった。

 

なら、家まで行ったんだから猛と一戦やればいいじゃん!とか学校にも行っていろいろ知ってるのに結局、剛に負けてスッキリして自分が市松高校やめちゃうって???だけど、なんでも出来て喧嘩くらいしかワクワクしなくて、それも強くて負けなしだったから剛に負けてなんだか吹っ切れたのかな?

 

結局陣内もいいやつで、剛のことばらしたりもせず退場。今回は、ふんわり優しい回でした(剛と陣内バリバリ一戦交えてるけど)。

 

これ、全国制覇(剛は望んでないけど)しながら、いろんなゲストが出てきて友だちになったりしていけば延々ドラマ続けられそう。このクオリティで続くなら延々見続けられる!でもドラマは1クールだからなぁ。すでに毎週見られなくなるの淋しいよ~。

 

次回はすでに千葉から飛び出し横浜へ!