ゆるやかTV blog

TV好きのゆるやか感想ブログです

魔法のリノベ 最終回 感想

魔法のリノベ(月曜夜10時/フジテレビ)

 

最終回だったよ。最終回だったけど、振り返りたくないよ~。終わりを実感したくないよ~!!!!ってジタバタしてましたが、最終回を迎えた「魔法のリノベ」感想いきます!

 

お話冒頭は前回まるふくを後にした小梅ちゃんから。陰に入ったところでの有川登場~。スタッフさん芸が細かい(そういや全然関係ないけど地上波で映画「マスク」やってて、主人公のジム・キャリー見るたびに原田泰三!ってなった)!

 

小梅ちゃんがまるふくを辞めてグローバルで働くことにしたのは、まるふく工務店を守るためだったんだけど、まるふくの皆はちゃんと察して調べるんだよね!

ここで週刊小出大活躍!ちゃっかり久保寺仲間になってるし。「有川部長のことは俺がなんとかしますから」ってホントになんとかしちゃう久保寺やるじゃん(小梅ちゃん聞いたげて(爆))!

 

有川部長の敗因は三井を近いところで監視してなかったことかな。元々盗聴したりしてたしね。グローバルの皆で力を合わせて有川部長を追い出すことに成功!

 

まるふくは腹をくくって、社長のお詫び状を公表(ワビリティーエターナルって言葉なんか格好いい!仮面ライダーに出てきそう(エターナルはすでに出てきてる)!)、後追いで蔵之介が一休食堂を「死なない程度に追い詰めろ」とまで指示していたことが週刊誌に載るけど、蔵之介はなかなか燃えてるな~って言いながら気にしない。

たださ~、自分が一休食堂の子どもで蔵之介が「死なない程度に追い詰めろ」って指示してたって知ったら、絶対にまるふくにはリノベ頼まないなぁって思う。やっぱり人の死は重い…(お父さんの死は直接的じゃなく交通事故だけどね)。視聴者としては蔵之介がめちゃめちゃ反省して、グローバルを辞めて今のまるふく工務店をやってるってのはわかるけどね。

 

ちなみに陸橋のうえで小梅ちゃんと玄之介が話すところとっても素敵でしたが小梅ちゃんあんなに泣いてしっかり下まつ毛?目の粘膜にひいたアイライナー(グローバルで有川部長に円卓の部下団のシール貼られそうになったシーンで書類見てる時?下向いてる時のアイラインがっつりだったよね)とれないなぁって優秀ウォータープルーフ感に商品名知りたくなったよ。

 

まるふくが自ら公表したことでグローバルにいる必要がなくなった小梅ちゃんはまるふくにウッキウキで戻ることに。梅玄コンビ復活!一休食堂のリノベを手掛ける。二人の提案したリノベ案を一休食堂さんは気に入ってリノベ決定(奥さんが絵を描いてることに気づく玄之介の成長~)!

しっか~し、全てを失った有川がまるふく工務店を襲撃!!有川の暴走を止めるため蔵之介が有川自身のリノベを申し出る!その内容は蔵之介が社長を辞めて有川と世界の山を登ることー!!!!なんそれ~!!

だけど、なぜか山登りって整うんよね。世界ってとこが男のロマンもあるよね。有川お一人様で良かったわ。家族いたら急に仕事辞めさせられて山登りするために世界周りますとか言われても納得できね~。

 

全部ま~るく収まって最後にいつもの屋台で締めるところ(大勝の「リノベは魔法」ナイス!)も最高!からのエンディング曲!初回からエンディング曲、一回もとばしてないぜ(超大事)!一休食堂も登山やサイクリング客を集客できてタイトル「そのままでいいから」の絵が効いてるし蔵之介と有川さん来て和解じゃないけど店主と笑い合ってるし、まるふくのリフォーム後は皆来てお祝いしてるし(三井もいるし有川もいるからこっちも和解か?)、最高じゃないか~い!一緒に乾杯や~!!

 

ほんと、細かいとこまで面白くて見てくれないと伝えれないよ。会話の言葉選びやテンポ、まるふくクエストとのリンク、山で必ず山びこごっこ、もうね~ホントに最高!そしてとにかく月曜日に合うんです!来週から月曜日をどう乗り切るか不安しかないよ。

 

さてさて、フジテレビさん続編もしくはSPくらいは作っていただけるだろうか。

玄之介の最初の奥さんのエピソードはまだ出てないし、なにげに竜之介とミコトがいい感じだし、リノベのその後とかもありそうだし、頼むからやってください!

 

ちなみに続編希望としては日テレの「ケイ×ヤク」も待ってますよ~!絶対連ドラで戻ってきて!TBSで2015年に放送された「表参道高校合唱部」がとてもよい作品で、絶対SPやるでしょ!って思ってたんだけど視聴率が振るわなかったからか何もなくて今でも見たかったな~って思ってる(最終回で学校の存続までは描いたから、次の年の合唱コンクールとか卒業や進学とかSPにしやすいと思ったのになぁ)。良い作品はベストな区切りまで見たいんだよ!「魔法のリノベ」は区切りいいっちゃいいけど、まだ描けるとこいっぱいあるから!まるふく工務店の皆にまた会いたいから~(クレーンゲームでまるふくろうGETできずでへこんでるぞ~)!!!!

 

まるふく最高や~!!!!!!!

 

犬も食わねどチャーリーは笑う 見てきたよ!

2022.09.23

 

香取慎吾くん主演映画「犬も食わねどチャーリーは笑う」見てきたよ!まだ、公開始まったばかりなので内容についての感想は控えといて、ひとまず不思議に思ったことを。

 

この映画の客層バラバラー!!!!

 

香取慎吾主演ということで、いわゆるNAKAMAの皆さん(40代~50代のご婦人)が見にきてるのかと思いきや、話が夫婦ものだからかご夫妻多っ!だけど夫妻の年齢幅広っ!他にも女性二人組もいれば、若い男性二人組とかも来てる。しかも祝日だからか、席がほとんど埋まってる!超大作ってわけでもないのに凄っ!

 

草彅剛くんの出てる映画は妙齢のご婦人と初老の男性の単独鑑賞が多い(個人的統計)印象だったので、とっても不思議でした!

あなたのブツが、ここに がとにかくいい!

2022.09.21

 

いや~、凄いわ、やるやんNHK。朝ドラとか見てないけど(朝ドラと大河はどうも合わなくて…いい俳優さんが出てる時に見ようとしたことはあったけど、見続けられたためしがない)、評判イマイチなんでしょ?あんなに凄い俳優さん揃えて。だけどね~、夜ドラ!「あなたのブツが、ここに」は違う。たった15分の中に毎回キーになる出来事が起こって(元キャバ嬢の運送会社勤務だけに、周りでいろいろ起こることが不自然じゃない。一家族で全部の出来事が起こったら不自然きわまりないよね。脚本が秀逸)一時間ドラマでもそれだけで右往左往しそうだけど、月曜から木曜までの流れの中で亜子たちなりに前を向く始まり方が出来るようになってる。

表現が難しそうなコロナ禍の話を軽妙な大阪弁と愛すべき大阪の人たち(海原はるか師匠最高!)で緩和しながら、難しい社会問題(コロナ貧困、DV、シンママ、痴呆症、いじめ、自殺、親子の確執、業務超過、交通事故 等)に戸惑い必死になりながら対応する。それも、正面から立ち向かうだけじゃなくて、当人がいいなら逃げてもいいよって笑顔で心穏やかにしてくれるおまけ付き。

 

どうしようもない元旦那が亜子の周りをウロウロし始めて、不穏きわまりない感じだけど亜子はまだきづいていない(娘の咲妃に接触してきてる。怖い!)。

同じキャバで働いてた女の子が自殺したり、いつも配達の時に優しくしてくれた(配達初心者の頃は心の支えになってたよね)人が認知症で徘徊してるところに出くわしたり、仲良くなったやる気のある同じ職場の男の子が事故を起こしたことによって辞職したりで、心も体も限界に近づく。余裕のない時は出てくる言葉も少なくて刺々しくなるんだよな。配達作業も人員不足のまま稼働していて、亜子はキャパオーバー(今度は亜子が事故るんじゃないかとハラハラするレベル)。狭い道で車がパンクしてクラクションの音に囲まれる中、亜子は会社に電話するもパニックで動けなくなる。そ~こ~に~、武田来た~!!マルカ運輸の皆来た~!!この時の亜子の涙(仁村紗和さん天才!)、わかる~!!そして、亜子も視聴者も救われた~!!テキパキ車両を寄せて、待たせてた他の車を謝りながら誘導し、パンクしたタイヤをスペアタイヤに替えてくれて、そして武田が言ったのは「ここからはお前の仕事や(残ってる荷物運ぶ)」。これパンク直後の亜子に言ってたらさすがに厳しすぎるわ、事故るでって思うけど、武田っちはちゃんと亜子の表情見て言ったんだろうな。マルカ運輸の皆が助けてくれてるのを見てた亜子の表情がさ~、晴れたんだよね~、さーって光が射したような。もう大丈夫。亜子も晴れやかな顔で返事したもんね。そして辞めた峯田の復帰を待ってる気持ちは皆一緒ってわかったし。亜子、ファイトやで!

 

いや~、このドラマはどこまで見せてくれるんだろう。コロナ後まで?まさに現状まで?素晴らしい脚本とそれをドラマにするスタッフさんと俳優の皆さんに感謝!!!!

石子と羽男 第9,最終話 感想

石子と羽男(金曜夜10時/TBS)

 

9話は正直聞いてないよー!って感じで突然すぎて飲み込めない。蒼ってそんなにダメダメだっけ?仮にも弁護士事務所でお手伝いして、石子や羽男の人となりも知ってて、何犯行認めてんの。何で最初の接見から羽男に本当のこと伝えなかったの?何簡単に名義使わせてるの?

兄弟がいるとか、めちゃめちゃ気にかけてたとか、そんな描写ありました?蒼が電話してたシーンはあったかなぁ。でもせめて、電話してる蒼に石子が「誰と電話してたんですか?」って聞いて蒼が「弟です」って答えて石子が「仲良いんですね」って返すくらいの伏線が欲しかったよ。

結局、石子と羽男が調べて蒼は警察署から出てこられるんだけど、羽男が蒼を抱き締めるシーンは笑えたけど、羽男のキャラってそんなだったっけ?もう気心知れたし、砕けまくったって感じ?でも、二人のこと応援してて、結構気を使ってたよねぇ。わざわざ石子より先に抱きつくかなぁ。

 

で、蒼が巻き込まれた放火事件は不動産投資詐欺が絡んでいたんだけど、最終回はとても良かった。粘り強く証拠を集めることで、弱者が強者に勝つとこも、石子がパラリーガルじゃなく弁護士になって羽男と相棒になりたいって言ったことも、羽男が父親に自分の弱さをきちんと伝えたことも、羽男の父親が安易に理解しなかったとこも、羽男の姉ちゃん検事の活躍も、司法試験に向かう足が止まった石子に羽男が傘を差し出すシーンも(だからタイトルカットは二人が傘さしてるのか。お互いに補い合いながら一人前の仕事をする感じが出てていいね)、最後まで石子と羽男が男女の愛情に寄らなかったところも(絶対くっつくって思ってたよ。いい裏切り。でも石子、蒼か~。蒼にとっては石子が彼女なら心配なくていいけどね)、文句なくいい最終回だった。

 

そう言えば終盤にかけて見るのをやめてた「競争の番人」も、最終回見たら(こないだの最終回だよね?)、白熊と小勝負がくっつくんでしょと思ってたら、最後まで白熊の彼氏が超理解あるいい人で白熊と恋人のままだった。白熊と小勝負も良い仕事仲間ってことで、今のトレンドは安易に恋愛関係にさせないお仕事ドラマなのだろうか。面白ければどっちでもOKです!

 

着々とドラマが最終回を迎えてるけど、初恋の悪魔が終わるまでは今年の夏は終わらないぜ!

 

初恋の悪魔 第9話 感想

初恋の悪魔(土曜夜10時/日テレ)

 

衝撃のラスト!途中から誰が犯人かも予想できたけど、見せ方が上手い!カット割り、ズームの仕方、松岡茉優ちゃんの演技!

 

雪松の息子がコンビニに行くところから始まった第9話。小鳥んのセリフが効いてる。「ちょっとコンビニ行くは、浮気か家出か自分の身を自分でね」

その後の「焼くなら焼きもちだけにしな。ぼっぼっぼっ」はアドリブかな?小鳥んの出番はクスリと笑えていいスパイスになってる。

 

リサと会った鈴ちゃんは星砂にリサの現状を伝えるんだけどさ、このシーンもいいんだよね。は~、ドラマ好きで「初恋の悪魔」見てない人、損してるよ~って思う。いや、好みもあるけど、1シーン1シーン大事で捨てシーンなくて、セリフも動きも素晴らしいのよ。今は配信で全話見れたりする時代だから見られる人は見てほしいなぁ。鈴ちゃんの小熊の学校の話が(内容はありがちですが)優しいです。

 

鈴ちゃんは悠日の兄ちゃんがビルから落ちる前に雪松が現場にいた事実を掴み、森園は3人の被害者の共通点を見つける(雪松の息子も一緒のアウトドアクラブ)。星砂との3人で集まってのシーンで雪松が犯人だとの話になった時、森園は雪松がシリアルキラーだと言ったのに、鈴ちゃんは生まれついて猟奇的な人間なんていないと言うのさ。1話の鈴ちゃんとは全く逆の意見。そうさせたのは星砂ちゃんを想う気持ちなんだよね。う~ん、リンゴのむきかたは知ってるんじゃないかいって思ったけど、新しいことを覚えさせてあげようってのも優しいよね。

 

一方雪松の息子に張り付いていた悠日と小鳥んは、靴を捨てようとする雪松の息子を確保する。警察官である鈴ちゃんちに彼を連れていき、鈴ちゃんと星砂ちゃんに雪松がアウトドアクラブの子どもを殺害、他の3人はその事を話すと言って殺されたと話す息子の音声を聞かせる。110番では雪松に揉み消されると思い、鈴ちゃんは自分が雪松を逮捕するって言うんだよね。でもなぁ~、そのために家を空けちゃうんだよなぁ。鈴ちゃんに悠日もついていっちゃうし。ただ、この後の二人で歩くシーンは初めて二人がバディになった瞬間で、なんか感慨深い(ドラマ始まる前はこの二人のバディものだと思ってたよ)。

 

森園に詰められた雪松は自分がやったって言

ったけど、雪松が家を出る際に奥さんに「何かあったら」って言って奥さんが「連絡する」って不安そうに二階を見たんだよね。だから、犯人は雪松じゃなくて息子なんじゃないかって思ったんだよね(前回、鈴ちゃんが雪松に腕の傷がないか確認した時なかったし)。

大学生の息子に対して随分過保護だなと思った冒頭の雪松が息子に行く場所を聞いていたのもわざわざ「気をつけてな」と言ったのも心配したからじゃない。いや、むしろ雪松は息子がまた犯罪を犯さないか心配だったんじゃないかって。

で、小鳥んが車を動かしに行って星砂ちゃんだけしかいない時に、星砂ちゃんが小鳥んが握ったおにぎりを二階に持っていくんだけど、父親が犯人だって告白した息子まだ鈴ちゃんちにおったんかい!

机には鈴ちゃんのコレクションのハサミ!

おにぎりに手を伸ばしたその腕には傷!

星砂ちゃん逃げて~!!!!

 

玄関先で星砂ちゃんをかばって刺されたのは死亡フラグが立ってた森園~!

 

いや、もうどうなるの!?最後にちらっと玄関先に残ってた血痕を見て動く小鳥んのシーンがあったけど、雪松の息子に森園も星砂ちゃんも連れてかれたってこと?ちょっとちょっと、最終回やばい!!!!

 

気になってるのは、もしかして星砂ちゃんすでに人格が統合されてる(されかけてる)?ってこと。9話では髪はくくってるけど、洋服の衿は抜き襟になってないんだよね。喋り方は普段はもう一人の星砂だったけど、雪松の息子に話しかけてる時は本来の星砂ちゃんだったよね。もう一人がどんな喋り方してるかなんてわからないはずだから(相手が出てるときはもう一人は眠ってる状態)、真似ることは出来ないし、自然に統合したってこと?そういう事例ってあるのかな?刺されそうになった時、悠日と鈴ちゃん両方の顔がフラッシュバックしたし。

 

これも、来週で全ての決着が着くんだよね。心して見るべし!!!!

 

秘密のケンミンshowの衝撃!!

2022.09.15

 

初めて「秘密のケンミンshow」ちゃんと見た(内容はそれなりに面白かった)んだけど、終わりのテロップ(スタッフとかの名前流れるやつ)流れるの早すぎて自分の目を疑った。ブレて見える早さ。衝撃!!

魔法のリノベ 第9話 感想

魔法のリノベ(月曜夜10時/フジテレビ)

 

来週、最終回ー!!!!い~や~、ロスる!!

 

先週めでたくお付き合いすることになった小梅と玄之介ですが幸せな時間はめっちゃめちゃ短くて、山のふもとの定食屋をめぐって有川が動き、小梅ちゃんは9話ラストでまるふくと玄之介から離れます。

 

エンディング曲がいつもと違って2番になってるのかな?「(小梅アップ)あっ、夕日」「(玄之介アップ)ほんとにきれいだね」のところが「(玄之介アップ)あっ、待って」「ほんとに行くんだね(玄之介アップ)」になってて、ストーリーと合ってる!い~や~、良作!

 

今週のリノベはテレビに密着されてる大家族の依頼。シンママに「妖怪シェアハウス」の座敷童子役がキュートな池谷のぶえさん。次女がビックリするくらいナイフみたいにとがってるけど、パンドラの箱を開けた後も小梅ちゃんたちのリフォーム案でまるくおさまるのでした。料理ってちいちゃいのに手伝われたらむしろやることの量が増えると思うんだけど、毎日あの人数のご飯作ってたら気持ち的に猫でもいいから手伝ってくれって感じなのかな。エンディングの幸せそうな家族と小梅ちゃんたちの対比がね…。

 

最終回寂しいけど、見届けるぜぃ!